間崎島で海女撮影の特訓???(志摩町和具)

毎年夏になると海、プールを楽しんでいる友達親子(ママ3人・小学生男子2人・女子5人・幼稚園児1人)。
11人で今年は間崎島に行きました。(8月12日)

賢島の船乗り場近くの無料駐車場に車を停めて、志摩マリンレジャーの和具航路定期船9時50分発に乗りました。

間崎島には10分ほどで到着。干潮のために海に道が出来て、向こうのテトラポットまで行けます。

そして、前回は咲いていなかったひまわりが咲いていました。
6月に松阪ケーブルさんで「間崎のひとたちが向日葵を植えて観光客の方を迎える。7月に咲く」という取材があったので7月の中頃に行ったのですがその時は枯れたあとだったのですが、今回行くとまた咲いてました♪


ウニの一種「タコノマクラ」

今日も水上高くめずらしいマリンスポーツが見れて、他にもジェットスキーやシーカヤックも。

人工ビーチだそうで遠浅で綺麗ですが、海の中は場所によっては怪我しやすい大きな石や岩がゴロゴロしているのでマリンシューズなど履くのをお薦めします。そして遠浅でも地面が大きくへこんで急に深くなったりする所もあるので泳げない子供には必ず浮輪をつけてほしいです。

私も何かあっては困るので大人用の浮輪で遊びました。
子どもたちの浮輪と連結して引っ張ったり。

この大きなシャチ。昨年の夏の終わり「わたせい」で300円で買ったんですって。。
これ抱えて船に乗り込んだ伊勢出身の友達・・・受けます!笑い。

そんなこんなでしばらくすると菅島出身の現役海女の娘・Sちゃんが「海は潜らな面白ない!!」と本物海女のように両足をピンと水上に残しながら素潜りに夢中です!


あの赤いタコノマクラを狙って


さすが現役海女の娘!! 磯笛もやってました。。
ほんと海はやっぱり潜らな!!

小学5年生の男の子たちも!



ヒトデが入ってます。

ベラという魚も沢山泳いでいて、シュノーケルなんかおすすめです。
ヒトデもたくさんいますが、触るとショックを起こしたり手が腫れて救急車で運ばれる人もいたりするらしいですから気をつけて、マリンシューズは絶対に履いたほうがいいです。
志摩子の足の裏もキズだらけになってしまいました><

それでも海に慣れた友達のおかげで、いつもの100倍 海を楽しめました♪
潜りの特訓も「もっと真っすぐ下にもぐらなアカンわ。」とおしりばっかり浮かせてしまう志摩子を見て、水中で何度も笑わせてしまいました。
特訓ありがとう!!

そして3時25分の賢島行きの船に乗るために、シャワー(100円)して着替えてビーチからすぐ近くの船乗り場に行きました。
伊勢出身の友達も海に顔つけたの何年ぶりやろーーめっちゃ楽しい!!って
大人も子供も全員むちゃくちゃ楽しい夏休みを間崎島で過ごせました!!

海水浴場とはちがってライフセーバーの人もいませんし、船の便も少ないのでいろいろと安全に遊ぶ配慮も必要ですが、波も船が通った時くらいで、でも小さいこどもにはしっかり浮輪をつけさせていつもみんなの近くを離れずにいることをコンコンと言い聞かせて、せっかく楽しくても何かあっては大変なので海の事故にはくれぐれも気をつけて無事に帰ってきました。

残り少ない夏休み。
行きたいところまだ沢山ありますが無事に楽しく過ごしたいと思います。