産屋坂(志摩市大王町波切)


  産屋坂(おびやざか)は港から高台へと続く石段と石畳の坂で、生活に必要な唯一の坂だったそうです。 



ゆるやかになっている石段は、きっと重い荷物を運んだりしやすく! と考えられて作られたのかなぁ?? 


この古びたおびや坂の高台へ行くと白亜の灯台を眺めることが出来ます。 


産屋坂(おびや坂)という名前がついたのは、昔、坂の途中に産屋と呼ばれる家があり妊婦さんが産気づくとその家に入り、出産・養生をしたそうです。 坂の途中には安産を祈願したり、産後にお礼の報告をする子安観音の祠があります。