宮崎産のうなぎは肉厚でもう一切れ食べたくなる未練タラタラな美味しさ。

朝っぱらから志摩子「うなぎ食べたい!」

伊勢にいたのですがこの一言で志摩男ちゃんはスマホで検索。

時刻は10時30分

志摩男ちゃん「どこもオープン11時からやなー。あっ。さし汐は10時から開いてるわ!」

・・ということで二見街道 通町に向かいました。

ここは倭姫ロマン御塩みち  だそうです!

看板

お店正面玄関


御座敷とテーブル席 奥にも御座敷がありました。


久しぶりのうなぎ!

大好きなうなぎ! 

朝っぱらから・・・迷いに迷います!

迷いすぎてお店の人に尋ねました。

「 かけ  と  まぶし  どちらが人気ですか???」

「かけだとタレの量をお好みに調整出来ますし・・・」

「じゃあ うな重 ・ 梅を かけで!」

待っている間に店内に貼ってあった新聞を読むと、もともとウナギの養殖をしていて鰻のことを知り尽くしたご主人が、食べた時に弾力のある肉厚のウナギにこだわり、試行錯誤を重ねて完成させた自家製の秘伝のタレが自慢で「甘くもなく辛くもなくちょうどいい」と好評とのこと。

そして運ばれてきたうな重 梅・1900円

ふたを開けると


ジャーーーン♪



ほんとタレだけでご飯が食べられるほどの旨みたっぷりのお味ですから

ここに肉厚のうなぎとくればもう何も文句ありません。

香ばしくなんとも表現しがたい美味しさのうなぎを一口かみしめるごとに「うまい!」と言ってしまっていました。

志摩男ちゃんも「ええ仕事してある。処理がうまい!」手を抜いていないことが食べてよくわかるそうです。

美味しいと「また行きたい!」って思いますが

「また・・・」ではなく「夜も食べに行きたい!」って思ってしまいました。

あともう一切れ食べたかったんです!

次回は梅・1900円ではなく 絶対に竹・2300円を注文します!! 


鰻も美味しかったですが、お店に入ったときの女将さんの笑顔の第一印象が最高でした!


関連ランキング:うなぎ | 五十鈴ケ丘駅