鳥羽HAPPYの籾山さん

 

向かって右に、籾山征也さん(OFFICE M2代表) 

鳥羽HAPPYの仕掛け人。

昨日、公開した御座白浜HAPPYを見て

これを見て行きたくなったので今日走っていこうと思います。」と

ハーレーに乗って御座白浜へ来て下さいました。

約2時間くらいの時間の中で、ちょっと取材モードで鳥羽・ハッピーを制作するきっかけや

現在活動されていることなどグイグイと質問攻めに迫ってしまいましたが、

気さくにお話してくださり、製作中の楽しさや完成した時の感動など、

全く意気投合していたお二人でした。特に動画編集作業での話では

制作し始めた当初の作業の様子を見た奥様に「何それ!」と言われ悔しく燃えたこと。
(私も御座白浜ハッピーの制作経過を見せてもらったとき「おもしろないわ!」と口出しばっかりしてました。汗。)

関係者の方からも「ここ、こうしてほしい」って言われたらうなずいてもらえるまで

寝ることを忘れて完璧を目指したり・・・ピタっと決まった時は、ひとり体で喜びを表現してしまっていたり。。

撮影の場所では皆さんの笑顔を撮り続けていくうちに、いつのまにか自分が幸せな気持ちになっていたこと。

さらに、15年ぐらい前にお二人は電話で話をしていたというご縁があったことなど・・・。

伊勢志摩のITの先駆者の一人でもあった籾山さんは、当初から業界では有名人でした。

先見の目がある人のなさることには、いつも目が離せないですし、次は何をするんだろう。。。と期待してしまいます。

また、籾山さんご自身の病気をきっかけに、食の改善を一から学び実践して、体重を25圓

減量されたそうです。後に食改善アドバイザーの資格を取得して、その知識を

病気で悩んでいる人を助けたいという気持ちで活動を進めておられます。

さらに名古屋のボトムラインでバンド活動をしていらっしゃって、来年1月17日には

東日本大震災チャリティイベントの一環開催予定の伊勢神宮外宮前ホールでのライブにも

参加されるということした。


何かとりとめのない、まとまらない文章になってしまいましたが、今日の籾山さんとのこと

を自分の中のメモとして・・・


別れ際に「何か面白いことやりたいです! やりましょう!」という私たちに対して

「是非! いつでも呼んで下さい!」と最後に握手でお別れ。。。 

また再会できる日を楽しみに。。。




伊勢志摩経済新聞(2014年07月18日の記事)
コメント