間崎島で海女撮影の特訓???(志摩町和具)

毎年夏になると海、プールを楽しんでいる友達親子(ママ3人・小学生男子2人・女子5人・幼稚園児1人)。
11人で今年は間崎島に行きました。(8月12日)

賢島の船乗り場近くの無料駐車場に車を停めて、志摩マリンレジャーの和具航路定期船9時50分発に乗りました。

間崎島には10分ほどで到着。干潮のために海に道が出来て、向こうのテトラポットまで行けます。

そして、前回は咲いていなかったひまわりが咲いていました。
6月に松阪ケーブルさんで「間崎のひとたちが向日葵を植えて観光客の方を迎える。7月に咲く」という取材があったので7月の中頃に行ったのですがその時は枯れたあとだったのですが、今回行くとまた咲いてました♪


ウニの一種「タコノマクラ」

今日も水上高くめずらしいマリンスポーツが見れて、他にもジェットスキーやシーカヤックも。

人工ビーチだそうで遠浅で綺麗ですが、海の中は場所によっては怪我しやすい大きな石や岩がゴロゴロしているのでマリンシューズなど履くのをお薦めします。そして遠浅でも地面が大きくへこんで急に深くなったりする所もあるので泳げない子供には必ず浮輪をつけてほしいです。

私も何かあっては困るので大人用の浮輪で遊びました。
子どもたちの浮輪と連結して引っ張ったり。

この大きなシャチ。昨年の夏の終わり「わたせい」で300円で買ったんですって。。
これ抱えて船に乗り込んだ伊勢出身の友達・・・受けます!笑い。

そんなこんなでしばらくすると菅島出身の現役海女の娘・Sちゃんが「海は潜らな面白ない!!」と本物海女のように両足をピンと水上に残しながら素潜りに夢中です!


あの赤いタコノマクラを狙って


さすが現役海女の娘!! 磯笛もやってました。。
ほんと海はやっぱり潜らな!!

小学5年生の男の子たちも!



ヒトデが入ってます。

ベラという魚も沢山泳いでいて、シュノーケルなんかおすすめです。
ヒトデもたくさんいますが、触るとショックを起こしたり手が腫れて救急車で運ばれる人もいたりするらしいですから気をつけて、マリンシューズは絶対に履いたほうがいいです。
志摩子の足の裏もキズだらけになってしまいました><

それでも海に慣れた友達のおかげで、いつもの100倍 海を楽しめました♪
潜りの特訓も「もっと真っすぐ下にもぐらなアカンわ。」とおしりばっかり浮かせてしまう志摩子を見て、水中で何度も笑わせてしまいました。
特訓ありがとう!!

そして3時25分の賢島行きの船に乗るために、シャワー(100円)して着替えてビーチからすぐ近くの船乗り場に行きました。
伊勢出身の友達も海に顔つけたの何年ぶりやろーーめっちゃ楽しい!!って
大人も子供も全員むちゃくちゃ楽しい夏休みを間崎島で過ごせました!!

海水浴場とはちがってライフセーバーの人もいませんし、船の便も少ないのでいろいろと安全に遊ぶ配慮も必要ですが、波も船が通った時くらいで、でも小さいこどもにはしっかり浮輪をつけさせていつもみんなの近くを離れずにいることをコンコンと言い聞かせて、せっかく楽しくても何かあっては大変なので海の事故にはくれぐれも気をつけて無事に帰ってきました。

残り少ない夏休み。
行きたいところまだ沢山ありますが無事に楽しく過ごしたいと思います。


コメント

こちらの記事と写真も参考にさせていただきました。マリンシューズではないけれどクロックスも役立ちそうです。

「泳げない子供には必ず浮輪をつけてほしいです。」
「私も何かあっては困るので大人用の浮輪で遊びました。子どもたちの浮輪と連結して引っ張ったり。」

そうですね。泳げない子というか泳ぎに自信のない人は浮き輪必携でしょう。志摩子さんの浮き輪同様、二重構造のものが望ましい、というかそうあるべきです。

また、泳げない子には目立つ色の帽子をかぶせるのもひとつの手かと思います。UV&熱中症対策も兼ねてならば、いまどきの幼稚園児や小学生がかぶっている、つばが大きめで後ろにたれのあるカラー帽子も良いのでは、と。

海女というプロダイバーやその予備軍ならば、それなりの肺活量が期待できそうですね。鯱の浮き袋を一気にプーッ!とふくらますとか。^^;

  • 吹奏楽経験者
  • 2014/10/25 23:00

吹奏楽経験者さんへ。
おはようございます。
海の事故って本当に怖いですもんね。
ライフジャケットを使用しているお子さんも増えましたよね。万が一のことを考えて、スイミングスクールに通わせたいなって思ったりもします。

  • 志摩子
  • 2014/10/27 10:52

> 海の事故って本当に怖いですもんね。

確かにいえます。それを受けてか、ライフジャケットやそれに似た形の浮き袋?も普及しつつあるようです。

プールだと、転覆死亡事故の影響か?男子の競泳水着または女子のブルマのような?ものが付いている、足を入れ込むタイプの乳幼児用浮き輪や、同様に足を入れる穴があいているミニボート?のようなものはNGで、通常の浮き輪+腕に着ける浮き袋の組み合わせはOKというところもあります。海水浴場でそのような制限を聞いたことはありません。自己責任でしょうね。

> 万が一のことを考えて、スイミングスクールに通わせたいなって思ったりもします。

ある方から、昨今のスイミングスクールでは、水慣れの段階から安全指導が徹底していると聞いたことがあります。競泳のメダリスト養成よりも、水難事故をなくすことの方が重要でしょう。

というのは、ひと昔、私がいわゆるカナヅチだった頃、スイミングスクールに入れられたことがあったけれど、当時のは競泳選手養成施設そのもので、それなりに苦痛でした。クロールでタイムオーバー失格、昇進の見込みなしというわけで辞めました。あのときには本当に息継ぎで苦戦しました。クロールではなく、浮き輪ふくらましの息継ぎならば得意なのですが。^^;

他にも、いまどきのスイミングには、こんなところ
http://ameblo.jp/spo-aca-miyakojima/entry-11531575804.html
や、こんなところ
http://horibe.dosugoi.net/e523494.html
もあるぞ!と聞いてこれまたびっくり。浮き輪の安全な使い方と泳ぎを楽しむことを教えるのかな?沖縄での事例は海水浴の準備?時代の流れかもしれません。

  • 吹奏楽経験者
  • 2014/10/27 23:09

吹奏楽経験者さん。こんばんは。
浮き輪クラスからだと入っていきやすそうですね。
体力づくりにもいいしほんと次の夏は真剣に考えてみようかなぁ。

  • 志摩子
  • 2014/10/31 20:58

こんにちは。

> 浮き輪クラスからだと入っていきやすそうですね。

確かにそんな感じです。
あの頃のスイミングに浮き輪組(仮)があれば、もう少し早く脱カナヅチできていた…かもしれません。

浮き輪組ではないけれど、昇進審査で全員合格すると、浮き輪などで遊べるフリータイムのあるところも!?もしそうならば、モチベーションアップに良いでしょう。

  • 吹奏楽経験者
  • 2014/11/01 15:58

吹奏楽経験者さん。こんばんは。
私自身が独身の時にスイミングスクールに通ったり、妊娠中はマタニティスイミングに行ったりしてたんですが泳ぎには全く自信がなくて。汗。背泳ぎで泳ぐと斜めに進んでいるし。泣。
でも吹奏楽経験者はいろいろお詳しいですね^^
いろいろ教えて下さってありがとうございました。

  • 志摩子
  • 2014/11/01 22:30
トラックバック
この記事のトラックバックURL