岡山自動車鈑金塗装 塗装の取材 (志摩市阿児町甲賀)

 今日は岡山自動車鈑金塗装さん 2度目の訪問です。

1度目はホームページのことでご相談を頂き、ホームページをお任せ頂くことになり

2度目の本日は契約と取材の第1回目です。

初めて車屋さんを取材させて頂くということで今日はとても楽しみにしていました。

社長の岡山さんが特にこだわっていらっしゃるのが、高精度フレーム修正システムを利用して車体をミリ単位で計測し修正をしていること。この機械を導入したのは三重県でも最も早かったそうです。

GLOBALJIG(グローバルジグ)イタリア製
高精度フレーム修正システム

損傷部分を数値化しながら復元することが出来、「元通りにすること」に最大限の費用と技術を投資しておられます。




塗料も豊富で、計測器で分量を合わせ車の本体と全く同色を作ります。

塗料ガンに入れて車体に吹きつけます。

今日感じたことは、車の板金とか塗装は、非常に几帳面で神経を尖らせて慎重に進めて行くお仕事、何段もの工程を経て事故車などがどこがへこんでいたのかがわからないくらい元の状態に戻り、お客様のところに帰ってゆきます。

社長さんのモットーとされているところは

"真心こめた確かなサービス"

昭和55年5月5日からスタートし築きあげた会社です。
根っからの職人気性で多くは語らない社長さんですが、今日はこちら側の質問に笑顔できちんと解りやすく答えて下さいました。そんな誠実で親切なお人柄と対応が仕事にも現れるんだと思いました。


本日の取材させて頂いたことはホームページにまとめ詳しく掲載させて頂きます。

ブログとFacebookを頑張って頂く予定の社長夫人です。


次回の取材は土曜日。次はどんな作業を見せて頂けるのか今からとても楽しみです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
中部運輸局認定 特殊車体整備士(二種)
岡山自動車板金塗装

代表
運輸大臣認定車体整備士 岡山泰彦

〒517-0505
志摩市阿児町甲賀3723-1
TEL0599-45-3341
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL